なべちゃんの気まぐれ日記

    出かけた先や週末のチャリ散策で見かけた風景や旨いもの、近辺の温泉巡りなど、思いついたまま綴った日記です

    大崎八幡宮を訪ねて (弐)

    大崎八幡宮の二回目は、総黒漆塗りの社殿に施された彫物や飾りに焦点を当ててみました

    IMG_3978.jpg

     漆黒に金箔の装飾

    IMG_3977.jpg
     
    秀吉の朝鮮出兵のおり、各大名の行進を静かに見守っていた京の人々も
    漆黒に金の甲冑で統一された伊達藩の行進をひときわ大歓声で迎えたそうです
    黒と金…伊達政宗の好きなデザインだったのかもしれませんね

    IMG_3969.jpg 


    IMG_3966.jpg 

    なんでも豊臣家に使えていた当代随一と呼ばれていた工匠を招いたそうです

    IMG_3974.jpg 

    IMG_3970.jpg

    工匠たちの卓越した技を見ていると、当時の桃山文化の華やかな香りが伝わってくるようです

    IMG_3967.jpg 

    IMG_3971.jpg
     
    IMG_3975.jpg 

    拝殿内部にも狩野派の絵師が描いた障壁画や天井画などが描かれているそうです
    昔会社で初詣した時に拝殿内に入りましたが、そのころは関心がなく記憶にありません
    機会があればもう一度じっくりと観てみたいものです












    スポンサーサイト
    1. 2015/07/08(水) 19:34:44|
    2. 町並景色
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:10
    <<玄関先の紫陽花 | ホーム | 大崎八幡宮を訪ねて (壱)>>

    コメント

    名無しの権兵衛さんへ 

    尾張小牧さんかと思いますが、違っていたらご容赦ください。
    こんばんは♪
    いつもコメントありがとうございます。

    > 一つ一つの素晴らしい 芸術作品がこの時代でできていたなんて凄いことですね、
    > 現代ではどうだろうかと、思ってしまいます、
    今のようにCADや建築工具がなかった時代、工匠たちの高い技術にはただ驚くばかりですね^^
    1. 2015/07/10(金) 18:48:47 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    e-ranさんへ

    こんばんは♪
    いつもコメントありがとうございます。

    > 漆黒に金の装飾。
    > たしかに伊達男と呼ばれた所以ですね。
    > カッコイイワ~。
    > 京都の寺院でも見かけますが、浮かし彫りの中に像がありましたね。
    > 金の牙を持つ像や、虎など、その頃に日本では見られない動物たちが描かれているのが不思議です。
    漆黒に金の甲冑の武将の行進だったり、時には部下に磔柱を担がせ自ら白装束姿で上京して人々を驚かせたらしいので、
    もしかしたらe-ranさんのご先祖様も目にしてたかもしれませんね^^
    確かに虎や像の姿は各地で見かけます、おそらく大陸との交易から絵などは入って知っていたのでしょうね。
    1. 2015/07/10(金) 18:47:26 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    トマトの夢3さんへ

    こんばんは♪
    いつもコメントありがとうございます。

    > 素晴らしい 芸術作品を見ている様です
    > 選りすぐられた 工匠たちでしょうね
    > 豪華絢爛 ^^ お見事な写真ですね~
    著名な写真家たちが撮った神社の写真をこれまで何度か観ていましたので
    今回、桃山建築様式の瑞鳳殿と大崎八幡宮を思い出して訪れてみました(^^;
    1. 2015/07/10(金) 18:44:24 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    土佐けんさんへ

    こんばんは♪
    いつもコメントありがとうございます。

    > 今日も素晴らしい芸術作品に目の保養をさせて頂きました^^
    > 神社仏閣に施された彫刻や装飾、華やかで優美ですよね~~
    > 今もこう言う技術は継承されているのでしょうか? 絶対、途絶えさせてはいけない技術ですよね~~
    > 伊達さん、やはり、伊達男でしたかw
    私の遠い親戚が宮大工の仕事も請け負っているのですが、最近は担い手が少ないようですね。
    おっしゃる通り、この卓越した日本の技術は未来に継承していかないといけないと思います。
    朝鮮出兵の時の家臣の甲冑に都人が沸いたという他に、秀吉に謀反の疑いをかけられ弁明で上京した時も
    家臣に磔の柱を担がせ自ら白装束で参上して都人を驚かせたという話から出たという説もあるようです^^
    1. 2015/07/10(金) 18:41:52 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    りらさんへ

    こんばんは♪
    いつもコメントありがとうございます。

    > 1枚目、漆黒に金箔の装飾、見事ですね 豪華絢爛です
    何度も伺ってる大崎八幡宮でしたが、こうして改めて観てみると当時は斬新な色調だったのかもしれませんね♪
    > 2枚目、黒と金…伊達政宗の好きなデザインだったのかもしれませんね
    > お写真に添えられてお言葉、興味深く拝聴させて頂きました
    最も危険な前線に配置されないよう、秀吉の派手好みを逆手に取って黒と金の甲冑で行進したという説もあります。
    > 3枚目、この切り取り、センス抜群ですね
    著名な写真家が撮った神社の写真を何度もみていたので、閃いて撮ってみました(^^;
    > 拝殿内部はどれほど素晴らしいのでしょうね
    > 見学する機会があるといいですね
    機会をみつけて是非内部も拝見し、撮影可であればしっかりと記録したいと思います^^
    1. 2015/07/10(金) 18:39:08 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    こんばんは!
    一つ一つの素晴らしい 芸術作品がこの時代でできていたなんて凄いことですね、
    現代ではどうだろうかと、思ってしまいます、
    1. 2015/07/09(木) 20:38:55 |
    2. URL |
    3. #-
    4. [ 編集 ]

    こんばんは。

    漆黒に金の装飾。
    たしかに伊達男と呼ばれた所以ですね。
    カッコイイワ~。
    京都の寺院でも見かけますが、浮かし彫りの中に像がありましたね。
    金の牙を持つ像や、虎など、その頃に日本では見られない動物たちが描かれているのが不思議です。
    1. 2015/07/09(木) 00:56:24 |
    2. URL |
    3. e-ran #O2yZHW7E
    4. [ 編集 ]

    こんばんは ♪
    素晴らしい 芸術作品を見ている様です
    選りすぐられた 工匠たちでしょうね
    豪華絢爛 ^^
    お見事な写真ですね~
    1. 2015/07/08(水) 22:32:39 |
    2. URL |
    3. トマトの夢3 #-
    4. [ 編集 ]

    こんばんは

    今日も素晴らしい芸術作品に目の保養を
    させて頂きました^^
    神社仏閣に施された彫刻や装飾
    華やかで優美ですよね~~
    今もこう言う技術は継承されているのでしょうか?
    絶対、途絶えさせてはいけない技術ですよね~~
    伊達さん、やはり、伊達男でしたかw
    1. 2015/07/08(水) 21:36:04 |
    2. URL |
    3. 土佐けん #tHX44QXM
    4. [ 編集 ]

    なべさん

    1枚目
    漆黒に金箔の装飾
    見事ですね
    豪華絢爛です

    2枚目
    黒と金…伊達政宗の好きなデザインだったのかもしれませんね
    お写真に添えられてお言葉
    興味深く拝聴させて頂きました

    3枚目
    この切り取り
    センス抜群ですね

    拝殿内部はどれほど素晴らしいのでしょうね
    見学する機会があるといいですね
    1. 2015/07/08(水) 20:18:45 |
    2. URL |
    3. りら #sSHoJftA
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://nabechann.blog85.fc2.com/tb.php/1097-9a2f521d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    なべちゃん

    Author:なべちゃん
    出かけた先や週末のチャリ散策で目に留まった風景をデジカメで撮ったり、週末の男厨や近辺の温泉巡り等を楽しんでるオッチャンです

    やすらぎの癒し系名言集


    presented by 地球の名言

    四季の花時計

    FC2カウンター

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    写真 (360)
    桜景色 (89)
    祭り/イベント (152)
    温泉 (48)
    料理 (102)
    食べ歩き (166)
    日記 (128)
    微笑の情景 (11)
    四季の草花 (89)
    四季の光景 (181)
    町並景色 (104)
    生き物 (29)
    未分類 (0)
    飛行機 (5)

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    pictlayer